ブエナビスタ 坂本 真一

imag032.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 98 )

ライブ情報! 4月13日(月) 佐藤嘉風 new album「君へのポエム」リリース ライブ@松山

<松山おすすめライブ情報>
沢山の方々に、お知らせして頂ければと思います。

特に、サザンオールスターズや、桑田佳祐さんのファン必見のライブです。

4月13日(月)

佐藤嘉風 new album「君へのポエム」リリース ライブ@松山

c0181908_11461403.jpg


オープン 19:30
スタート 20:00

チケット ¥2000(1ドリンク付き)

場所 ジュークジョイントつる
   松山市三番町2-10-6 Plum三番町2F
   089-921-9655

予約・問い合わせ 
上記、ジュークジョイントつる

ブエナビスタ 090-5916-9101   

Motion Blue YOKOHAMA 佐藤嘉風LIVE 「かたすみ」: https://youtu.be/ppoxfz73Kzo

<プロフィール>
佐藤嘉風(さとうよしのり)

2004年湘南探偵団のVo、GtとしてSONY MUSICよりデビュー。
バンド解散後2007年よりソロとしての活動を開始。
卓越した楽曲センス、洗練された歌声で多くの聴衆の支持を受けている実力派ポップスクリエイター。
60年代のアメリカ音楽に影響を受け音楽活動を始めた。映画「STAND BY ME」のサントラが原点となっている。
FALK、JAZZ、SOULなどの音楽要素を取り込んで、オリジナリティー溢れるポップスへと昇華させている。
最新作のアルバム「君へのポエム」を含む6枚のオリジナルアルバムをリリース。

他のミュージシャンからの信頼も厚く、自身が最も敬愛する桑田佳祐氏のライブコーラスとしても活動。
桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU –now & forever-にコーラスとしてバンドメンバー参加。
2013年は、桑田佳祐 AAA 「第二回ひとり紅白歌合戦」にもコーラスにて参加。
[PR]
by imag0320 | 2015-03-16 11:41

<ライブ情報>5月13日(水) 梅津和時サックスひとり旅@松山

<松山の、おすすめライブ情報>

太字梅津和時 サックスひとり旅@松山

c0181908_11114404.jpg


5月13日(水)

オープン 18:30
スタート 19:30

チケット ¥2800(1ドリンク付)

場所 ゲストハウスまつやま2F
   愛媛県松山市大街道3-8-3-2F
   (松山城ロープウェー乗り場前)
   089-934-5296

予約・問い合わせ  
   上記 ゲストハウスまつやま

   ブエナビスタ 090-5916-9101

当日、三津にあるサンジャックさんの、おつまみも出店されます。


■梅津和時(うめづかずとき)

宮城県仙台市出身。国立音楽大学在学中よりデビュー。70年代前半に渡米、ニューヨークのロフトシーンで活躍した後に帰国、1977年結成の生活向上委員会大管弦楽団で一世を風靡した。続くドクトル梅津バンド(D.U.B.)でブレイクし欧米でも活発に活動、独のメールス・ジャスフェスティバルでは日本人としていち早く出演し脚光を浴びた。同時に、参加したロックバンド、RCサクセションのホーン奏者としても一躍、知られる。イアン・デューリー&ブロックヘッズなど国境を超えた共演セッションも多数。さらには、勅使川原三郎や岩下徹、大野一雄、白石かずこ、吉増剛造、アレン・ギンズバーグ等、詩やダンス、舞踏とのコラボレーションに於いても先駆的存在であり、海外メディアでも「管楽器を自在に操る、希有なインプロヴァイザー」と高い評価を得ている。これまでに演奏で訪れた国は30カ国以上にも及ぶ。
現在、リーダーバンドであるKIKI BANDでは通算9枚のアルバムを発表し、欧米、マレーシア、シンガポールなど活発に国内外のフェスティバルに出演するほか、ほぼ毎年、日本とヨーロッパで単独ツアーを行なっている。
プロデュース作では大工哲弘『ゆんたとうじらば』他のアルバム、木村充揮のジャズアルバム『Kimura Sings』、石橋凌『魂こがして』のホーンアレンジ、またカーネーションやクラムボン等の録音、Liveにもゲスト参加。
異種混合セッションによる連続コンサートシリーズ「梅津和時大仕事」は、90年代西荻窪アケタの店に始まり、現在は新宿ピットインで「プチ大仕事」を継続中である。
また雑多で猥雑なキャバレー「大風呂敷」、練馬の農園を舞台とした「フェスタ・イン・ビニール」などユニークな企画イベントの主宰プロデュース、映画音楽では故・若松孝二監督「我に撃つ用意あり」ほか「ワイルド7」「河童」なども手がけている。
さらにエッセイ『いつだっていいかげん』(河出書房)やFM局のパーソナリティ、CMのナレーションなど、ジャズミュージシャンの枠を大きく越えて、精力的に活動している。

・最近のリーダー・アルバムは、KIKI BAND『Coyote』(2013)。こまっちゃクレズマ+おおたか静流『トペラトトのおどり』(2014)など。
・忌野清志郎との音楽的な関わりは30年にも及び、その初期のRCサクセションのライブを含む貴重な映像が収められた映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~‪#‎1‬ 入門編~』は、現在、全国で公開中。

◇梅津和時オフィシャルサイトu-shi
http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/
[PR]
by imag0320 | 2015-03-10 11:08

LIVE 10月31日(金)ザッハトルテ

今週、金曜日となりました。

当店の、ライブ情報です!
(シェア、いいね、RT等、お友達に知らせて頂ければと思います。
よろしくお願いします。)


10/31(金)

ザッハトルテ
『秋のカフェツアー』(愛媛)

c0181908_121088.jpg


場所.ブエナビスタ(松山市梅津寺町1329)

open 18:30 / start 19:30~
前売(予約) ¥3000- / 当日 ¥3500-(いずれも1D別)

★9/8(月)から予約開始。

店頭メール予約:buenavista2004719@gmail.com
店頭電話予約:090-5916-9101(ブエナビスタ)

HPメール予約 zahatorte@fujimach.com
 件名を「10/31」として、として1.お名前(カタカナ表記) 2.ご予約人数 3.お電話番号を明記の上送信して下さい。
 携帯メールの方は返信が届かない場合がございます。受信設定など今一度ご確認をお願い致します。

問合せ:tel.090-5916-9101(ブエナビスタ)

ヨッパローヨッパロー/ザッハトルテ: http://youtu.be/LNfqoEtWKq0

ザッハトルテプロフィール

京都から発信する、新しくも懐かしいインストゥルメンタル・バンド。

アコーディオン;都丸智栄/チェロ:ヨース毛/ギター:ウエッコが大学で知り合い、2002年の春、京都は西陣の小さなカフェ「さらさ西陣」で始まった「月例お食事ライブ」と同時に結成。

以後、全国各地で生音カフェツアーを開催する等、カフェライブの先駆け的存在。

アコーディオン、チェロ、ギターという、世界的にも珍しい絶妙な組み合わせから、ミュゼット、アイリッシュ、ジプシースウィング、ボサノヴァ、ロック、クラシック等々、広くヨーロッパの古き良き大衆音楽の雰囲気を取り入れた、彩り豊かなオリジナル曲を演奏している。
年間100回を超える演奏で培われた、カフェでもホールでも、子供でもお年寄りでも、まさに老若男女があらゆる場面で楽しめる楽曲とパフォーマンスに定評がある。

ストリート、カフェ、バー、ライブハウス、美術館、コンサートホール等での演奏以外にも『Le Grand Soufflet』(仏)『SUMER SONIC 08』『apbank fes'09』『Gwangju World Music Festival 2012』(韓国)などの国内外のフェスティバルや’10年釜山国際演劇祭に招聘された演劇「素浪人ワルツ」では音楽を担当、劇中生演奏でフル参加。また'12年10月にはホテルオークラ50周年記念のディナーショー『松任谷正隆 演出・THE 料理SHOW』の演奏を担当するなど、ザッハトルテの演奏活動は多岐に及ぶ。

一方、テレビなどでは、アフラックのテレビCM「アヒルのワルツ」「持病の歌」のインストバージョン演奏を。また、ザッハトルテが作曲・編曲・演奏を担当したNHK「おかあさんといっしょ」’10年9月の歌「ドコノコノキノコ」は、同番組からのヒット曲「ダンゴ3兄弟」以来のヒット曲となった。

現在放映中のテレビ東京系のアート番組『美の巨人たち』’14年4月からのエンディングテーマ「風を喚ぶ乙女 第二楽章」が収録されているトータル8枚目のCD ミニアルバム『ヨッパローヨッパロー』(ffm-016)は’14年3月に発売。  ザッハトルテ オフィシャルサイトhttp://www.zahatorte.com/
[PR]
by imag0320 | 2014-10-29 10:26

ライブ情報! 7月15日(火)【SASAKLA&トシバウロン 二人のお遍路ツアー】 

ライブ情報です!!
(良ければ、シェア・RT・口コミ等、お願いします。)


明日となりました!!



【SASAKLA&トシバウロン 二人のお遍路ツアー】 

c0181908_13441831.jpg


羊毛とおはなの、羊毛さんともユニットを組んでる、SASAKLAさん。

第1回目の、ライブアース松山で、朝崎郁恵さんのバックで演奏した、トシバウロンさん。

その2人によるユニット、松山初ライブです!!



7/15(火) 愛媛梅津寺 ブエナビスタ

【出演】SASAKLA & トシバウロン
    
【時間】開場 19:00 / 開演 19:30

【料金】前売¥2,500/ 当日¥3,000(別途オーダー)

【お問合せ】
ブエナビスタ(松山市梅津寺町1329)
090-5916-9101/buenavista2004719@gmail.com

笹倉慎介 Country Made pv: http://youtu.be/iOvAJy4fRvw

SASAKLA

■本名 笹倉慎介(ささくら しんすけ) 1981年生まれ。
小説家の父親(直木賞作家 笹倉明氏)と、絵心のある母親と言うクリエイティブな家庭に育った末っ子長男SASAKLA。子供の頃に憧れた職業は小説家。小学6年生で処女作「宇宙人をやっつけろ!」を執筆。
年の近い2人の姉の影響により最初に触れたロックは、Space Shower TVから流れる中村一義とサニーディ・サービス。彼らを入り口に、彼らのルーツミュージックにも傾倒し、16歳の時初めてギターを手にする。

某大学の建築学科に入学するため上京したSASAKLAは、軽音楽部に在籍しバンド活動をスタートさせる。18歳の時に初のライヴハウスデビュー。その後、音楽と建築学を秤にかけ音楽を選んだ結果、大学を中退。バンドも解散。この頃からアコースティックギターでの弾き語りがメインになっていく。一方で文学への興味も捨てきれず、太宰治や向田邦子、三島由紀夫等の作品を読み漁り、多大な影響を受ける。中でも三島由紀夫の文学への傾倒は大きく、特に「潮騒」はSASAKLAにとって特別な小説であり、それが高じてNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」にハマってしまうほど、今でも思い入れの強い作品である。

その後、サラリーマンやカフェの店員をしながら音楽活動を続けたSASAKLAは、2006年 ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルを観る為に訪れた埼玉県入間市で、一軒の米軍ハウスと運命の出会いを果たす。独自の文化と多くの自然が感じられる環境に魅かれたSASAKLAは、移住を決意。 2007年から移住先で自宅録音を開始する。このデモ音源がきっかけとなり、音楽プロデューサー鈴木惣一朗氏と出会い、アルバム「Rocking Chair Girl」を制作。 翌2008年にSASAKLAのデビューアルバムとしてグラウンド・レコーズからリリースされた。 

現在SASAKLAは自身が運営するPUFFIN RECORDSよりCDをリリース。全国各地にて精力的にライブを展開する他、アイリッシュバンドJohn John Festivalを率いたSASAKLA&John John Festivalとしてもライブ活動を行っている。またNHK Eテレで放送中の「2355」(教育テレビ:総合演出 佐藤雅彦氏)では、おやすみソング「顕微鏡で覗く世界」や「小さな恋の物語」等のヴォーカルも担当している。さらに自身の音楽制作の為、自身でリノベーションをした音楽スタジオ「guzuri recording house」では、ハナレグミ、アンサリー、イノトモ、JohnB(ウルフルズ)、リクオ、等の様々な作品が録音されており、SASAKLAはここでレコーディング・エンジニアやサウンド・プロデュースを行うほか、セッションが無いときのみオープンするguzuri珈琲店のマスターとしても活躍している。



トシバウロン toshibodhran 

日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。

2000年冬アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始め各地のパブセッションで研鑽を積む。帰国後京都にてフルート奏者hataoと共にCraicを結成しCDを発表。2004年〜2007年Butter Dogsとして活動。現在は東京に居を移し、John John Festival、Harmonica Creamsを軸に多様な活動を展開中。サポートとして2002年の「情熱大陸Music Special葉加瀬太郎LIVE」のフロントアクト出演をはじめ、葉加瀬太郎、ザッハトルテ、功刀丈弘、朝崎郁恵、ムビラトロン、鬼束ちひろのライブ、レコーディングにも参加する。

 
[PR]
by imag0320 | 2014-06-25 13:42

ライブ情報 : 6月6日(金) 河口恭吾 CAFE LIVE TOUR 2014

ライブ情報!(シェア・RT等、お願い致します)

今週、金曜日となりました。

河口恭吾
CAFE LIVE TOUR 2014
「cafeを旅する十月の息子」


c0181908_15553625.jpg



日時・・6月6日(金)

時間・・開場 19:00
    開演 19:30

料金・・前売 ¥3000-
    当日 ¥3500-
    (共に別途、ドリンクオーダー)

場所・・ブエナビスタ
    松山市梅津寺町1329

問合・・ブエナビスタ
    090-5916-9101
    buenavista2004719@gmail.com


BSフジイ 河口恭吾_桜: http://youtu.be/00dkYbzx7qY

PROFILE / 河口恭吾
http://www.miraclebus.com/kyogo/

2000年デビュー。2003年2月リリースの1stアルバムに収録されていた「桜」が有線放送で話題となり、ラジオ局やCDショップへ問合わせが殺到。12月にシングルとして再リリースされた「桜」は子供から大人まで幅広い年齢層に支持され、2004年の年末に初のNHK紅白歌合戦出場と日本レコード大賞にて金賞、作曲賞を受賞。以降アルバム7枚をリリースし2009年11月に各界で活躍している女性から歌詞の提供を受け、楽曲を書き下ろし歌った企画アルバム「WOMANING~今を生きる女性たちへ~」をリリース、ファッションデザイナーのコシノヒロコ、プロフィギアスケーターの荒川静香などが作詞に参加し話題となる。デビュー10周年を迎えた2010年に自ら選曲したベストアルバム「自選ベスト トマト盤・あじ盤」の2枚をリリース。2011年6月には第2弾のカバーアルバム「君を好きだったあの頃2」をリリースし「ありがとうSONGSコンサート」と題した企画コンサートを展開 。2012年3月にオリジナルアルバム「ROMANCHICA」をリリース。2013年3月20日に雑誌 昭和40年男との企画カバーアルバム「昭和40年男たちのメロディー」をリリース。cafe LIVE TOUR 2014「caféを旅する十月の息子」を4月26日よりスタートさせる。
[PR]
by imag0320 | 2014-04-23 13:38

おすすめライブ情報! 12月11日(水) ハシケン×樽木栄一郎「巡り逢い」@松山 

明日となりました!

c0181908_12482234.jpg

c0181908_12313770.jpg


ハシケン × 樽木栄一郎
「巡り逢い」


全国各地を巡り、
ライブを行っている二人。
ここ松山で、
逢い、
初めての共演。

2013年12月11日(水)

開演 :19:30

料金 :前売¥3500-
当日¥4000-
(ドリンク等要別オーダー)

出演:ハシケン(Vo.G.ウクレレ)
樽木栄一郎(Vo.G)
 
場所:YAH MAN 33(ヤーマン33)
松山市大街道2-3-5 メトロポールビルB1
(大街道、吉野家さん、右斜め向かいの地下)

予約・お問い合せ

089-934-3011  ヤーマン33

090-5916-9101 ブエナビスタ

メール予約:
buenavista2004719@gmail.com
件名に「ハシケン×樽木栄一郎」、本文にお名前、希望枚数、連絡先、メールアドレスを明記の上、上記のメールアドレスに送信してください。


ハシケン/hasiken

歌手、作詞・作曲家。
68年埼玉県秩父市生まれ。
5歳からクラシックピアノを習い始め14歳からギターを弾きながら歌い始める。
高校卒業後、都内でライヴ活動を開始。
92年ユニット『うの花』として映画『裸足のピクニック』(矢口史靖監督)の音楽を担当。
93年沖縄にて照屋政雄氏から琉球民謡を習得。
沖縄・奄美との縁が深まる。
95年バンドオーディション番組『えびす温泉』(テレビ朝日)に出演。
圧倒的なパフォーマンスと楽曲でチャンピオンになり10週連続出演し強制卒業。
これをきっかけにシングル『グランドライフ』でデビュー。
96年1stアルバム『Hasiken』を発表。
98年アルバム『感謝』、00年アルバム『限りなくあの空に近い』を発表し全国ツアーを開始。
01年自主レーベルからミニアルバム『hasiken presents “WAIDO”』を発表。
タワーレコード渋谷店インディーズチャート4位にランクイン。
03年FUJI ROCK FESTIVALに『ハシケン・フルバンドスタイル』で出演、『ベストアクト!』と評された。
アルバム『赤い実』発表。
05年『空へ』(歌・岡本知高、NHKみんなのうた)の作詞を手がける。
アルバム『青い月』発表。
06年全国で奄美民謡「ワイド節」を歌ってきたことが認められ第76代奄美観光大使となる。

07年06年〜07年にかけて下北沢440にて隔月で行ったイベント『Hug』に数々のゲストアーティストを招きそこから発展し制作したアルバム『Hug』発表。
11年映画『朱花(はねづ)の月』(河瀬直美監督・第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門ノミネート)の音楽を担当。
12年10年に行った「ハシケン・フルバンドスタイル!!!」のライヴ映像をまとめた初DVDを発表。
13年映画『千年の愉楽』(若松孝二監督・第69回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門正式招待作品)の音楽を奄美民謡の唄者・中村瑞希と共に担当。

元ちとせ、我那覇美奈、NUU等に歌詞・楽曲を提供。

ソロ名義、自身のバンドの他に、中村瑞希&ハシケン、ハシケンハマケン、ハシケン×江藤有希、ハシケンmeets伊藤大地での活動。


樽木栄一郎 / Eiichirou Taruki

広島県福山市出身
音楽教室を開く家の長男として生まれる。

12歳でドラムを始め18歳で上京。
アーティストのサポートや、プロドラマーのローディーをしながら作曲活動を続ける。
60年代(Soft Rock)〜70年代(Crossover music)に多大なる影響を受け、
尊敬するミュージシャン達のルーツを辿り、
様々な表現方法を学ぶ。

現代における樽木流クロスオーバーミュージック。

様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、
澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。
独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、
全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、
様々な場所で話題を呼んでいる。
絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。

ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。

FM J-WAVE(81.3)の番組、
『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。

嵐の single「サクラ咲ケ」のカップリング曲、
『手つなごぉ』の作詞 を担当 したのを切っ掛けに作家としての活動も開始。
関ジャニ∞の村上信五のソロ曲「ONE’S SHADOW」の作曲なども手がけている。
コンピレーションアルバムにも多数参加。
[PR]
by imag0320 | 2013-12-07 17:00

当店ライブ情報! JiLL-Decoy association (ジルデコ)@ブエナビスタ 09/26(木)

c0181908_18274455.jpg

JiLL-Decoy association 『ジルデコ5』Release Acoustic Tour  in EHIME

日時:2013/09/26(木)

OPEN/18:30 START 19:30(2部入替えなし)

会場:ブエナビスタ 
(愛媛県松山市梅津寺町1329)

料金/前売3500円、当日4000円(1D別)

予約/TEL 090-5916-9101
メール  buenavista2004719@gmail.com



JiLL-Decy associationこと<ジルデコ>のアコースティックツアーが決定♪

今回待望の5thオリジナルフルアルバム『ジルデコ5』のリリースツアーということでその収録曲を中心としながらも、
新旧代表曲も織り交ぜてのステージングにも期待大。
全国各地で絶賛をあびるパワフルなライブパフォーマンスをこの機会是非お見逃しなく!!!


JiLL-Decoy association 5th Original Full Album 『ジルデコ5』

2013年9月4日(水)発売 CD 2,940円(税込) [WPCL-11445]      

<『ジルデコ5』キャッチコピー>
ワーナーミュージック移籍リリースのフルアルバムは、
これまで生演奏とグッド・サウンドにこだわり抜いて来たタフなミュージシャン3人組のジルデコが、
自分等世代のリアル・ソングをジャジーで上質な大人のポップスに乗せて歌い抜き演奏し尽くします!
先行配信シングル『WOMAN A GO GO!!』に収録の3曲に加え、
ジルデコがこれまでライヴでも歌い、
ファンの間でもCD化を熱望されていた感動曲「パパのベイビー」も含んだ、
全10曲収録予定。


JiLL-Decoy association (ジルデコイ・アソシエーション / 通称 : ジルデコ)  

2002年結成。
chihiRo(Vo) kubota(G) towada(Ds)の3人が生み出すJAZZ・FUNK・POPSをベースに日本語で歌われるオリジナリティあふれる楽曲と、
高い演奏力によりジャムセッションのように毎回進化していくライブパフォーマンスが中毒者を増やしていく。
4枚のオリジナルアルバムの間にiTunes Storeで配信した作品はJAZZチャートで何度も1位を獲得。
また、ジルデコ結成10周年であった2012年は記念アルバムをなんと3作リリースし、
その内の1枚『Lovely』は全国CDショップ大賞にノミネートされた。
さらにはライブバンドとして活動の場を全国に広げる中、
ビルボードライブ東京での結成10周年記念スペシャルライブは2回まわし全席完売、
そして、国内最大ジャズフェス「東京ジャズ2012」へ出演しチケットも完売など、
その勢いは留まることを知らない。  

http://www.jilldecoy.com
[PR]
by imag0320 | 2013-09-20 13:45

当店でのCD販売情報!  suzumoku(スズモク) new album 47都道府県47曲"たどり着いた景色はどうだい?"

c0181908_1555243.jpg

 suzumoku(スズモク)

new album
47都道府県47曲"たどり着いた景色はどうだい?"


昨年に続き、2度目の全47都道府県をまわるツアーを終えたばかりのシンガーソングライターsuzumokuが、
2月に発表されたニューアルバム「キュビスム」の余韻が残る中、
早くも新たな作品をリリースする。

内容はというと、今年3月から6月にかけて音響機器を一切使わない生声の弾き語りで47都道府県のカフェやバーを回ったアンプラグドツアーのLIVEを音源化した全47曲(CD4枚組)に加えて、
suzumoku自身の撮り下ろしによる100ページにわたる写真集がコンパイルされる。
以前から写真の腕前には好評を得ていたsuzumokuが、
このTOUR中に撮りためた写真で旅を振り返る構成になっており、
ライブに参加した人はその時の熱気を思い出す事ができ、
参加しなかった人はライブに臨むsuzumokuの想いを文字通り手に取る事ができる。

ちなみに47曲が収録されたというのは意図的に都道府県数と合わせたわけではなく、
偶然にも今現在までに発表されているsuzumokuの楽曲数が47曲だった事から「47公演+47楽曲」という遊び心ある組合わせになった。

今作は2013.07.24発売となり、ライブ会場・オフィシャル通販サイトのみ限定販売される。
タイトルは、デビューアルバムに収録されている「盲者の旅路」の中の「たどり着いた景色はどうだい? それはあなたが描くものだろう」という歌詞から引用されたもの。
47都道府県をギター1本だけ持って2周したsuzumokuが歩き、
そしてたどり着いた景色を一緒に堪能してみてはいかがだろうか。


APPR-5001-4 ¥5,000(tax in)※CD4枚(47曲)+TOUR中に自身が撮り下ろし100ページにわたる写真集※

WA STORE、ライブ会場限定販売


【DISC-1】

01.プラグ:05/05秋田「J's cafe」
02.盲者の旅路: 03/13和歌山「Deli+Table ti.po」
03.昨日のワルツ:05/06青森「コノハト カフェ&レコーズ」
04.ユーカリ: 03/30宮崎「UPPER YARD」
05.如月: 03/27熊本「Dining & cafe bar gab★」
06.週末:04/13大阪「Bondsiju Cafe」
07.酒気帯び散歩:03/02群馬「SLOW TIME」
08.レイニードライブ:03/01東京「晴れたら空に豆まいて」
09.適当に透明な世界:05/11北海道②「musica hall cafe」
10.退屈な映画:04/10岡山「城下公会堂」
11.セスナの空:03/16徳島「alto coffee and the rooster」
12.西日工場の煙:03/23長崎「ENAcafe」

【DISC-2】

01.素晴らしい世界:05/17宮城「SENDAI KOFFEE CO.」
02.ソアラ:04/19福井「カフェ ココット」
03.ガタゴト:03/07富山「総曲輪かふぇ 橙」
04.街灯:05/18栃木「マツガミネコーヒービルヂング」
05.ストリートミュージシャン:04/30埼玉「shibaken」
06.ライトゲージ:05/01新潟「Music Cafe Bar Capotast」
07.夜明けの雨:04/06広島「cafe & gallery Puu…」
08.春の到着:03/19鳥取「Caffe-Piace」
09.ラムネノーツ:04/27愛媛「レストラン・カフェ・ブエナビスタ」
10.夕焼け特急:05/04山形「cafe kacho-fu-getsu」
11.幻灯機:03/31大分「トラットリア バル グリシェ」
12.衣替え:04/26静岡「a-cafe」
13.ジオラマ:04/17滋賀「51cafe」

【DISC-3】

01.身から出せ錆:04/13大阪「Bodaiju Cafe」
02.アイス缶珈琲:04/05福岡「Motoy珈琲」
03.フォーカス:03/15兵庫「Bo Tambourine Cafe」
04.放課後スリーフィンガー:03/05長野「ラ・ペーニャ」
05.甘いアルコール:03/24佐賀「トネリコカフェ」
06.モダンタイムス:03/08愛知「LIVE & Dining BAR りとるびれっじ」
07.ホープ:04/21岐阜「alffo」
08.ベランダの煙草:05/12北海道③「music hall cafe」
09.コワイクライ:03/03山梨「DOux CAFE」
10.ノイズ:06/01沖縄①「さんご座キッチン」
11.愛しの理不尽:03/17高知「chubby's kitchen」

【DISC-4】

01.モンタージュ:06/02沖縄②「さんご座キッチン」
02.蛹 -サナギ-:03/29鹿児島「cafe Topia」
03.鴉が鳴くから:04/09香川「シュガーウィッチ」
04.メンドクセーナ:05/15岩手「Bar Cafe the S」
05.平々 -ヘイヘイ-:04/14奈良「ファンチャーナ」
06.ブルーブルー:05/10北海道①「music hall cafe」
07.どうした日本:05/26神奈川「COBAKABA」
08.真面目な人:03/09三重「radi cafe apartment」
09.真夜中の駐車場:05/23千葉「cafe STAND」
10.僕らは人間だ:05/19福島「ヤブキヤサカエ」
11.リエラ:04/12京都「SOLE CAFE」
[PR]
by imag0320 | 2013-07-26 15:55

ライブ 6月4日 ちんねんズ

ちんねんズ、初四国ツアー@松山

6月4日(火)

オープン 18:00
スタート 19:00

チケット \1500- (別途ドリンクオーダー)

場所・予約・問合わせ

ブエナビスタ
松山市梅津寺町1329
090-5916-9101
buenavista2004719@gmail.com

日本全国へ音旅を続ける、
「ちんねんズ」の初四国ツアーです。

直前ですが、急遽決定しました。


ちんねんズ

g,vo:kenjiro(from janis420) g:naoki(from 縁)の
二人からなるアコースティックユニット。

それぞれのバンドで日本中を旅する中で数々の共演をはたし、
セッションを重ねる中で自然と音旅を始める。

互いに音楽のROOTSが異なるからこそ生まれるサウンドは
二人にしか生み出せない新たなもの。

枠にとらわれないkenjiroの楽曲は、
それぞれが異なる表現をもち彼独自の世界観を描きだす。

縁の活動休止後、一二三のサポートギターリスト、
平山ケンタとの「ケンタとなおき」としても活躍するnaokiが、
その世界観に新たな色を加える。

二人の生み出すサウンドをお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=YVJKVMtEa-Q&feature=youtube_gdata_player
[PR]
by imag0320 | 2013-06-02 15:16

LIVE モアリズム 5月19日(日)

今夜となりました。

夕方から夜にかけて、変わりゆく景色を見ながらの、

素敵なライブは、如何でしょう!




c0181908_1961523.jpg

モアリズム

5th album [&BLUES] リリースツアー2013 in 松山

5月19日(日)

会場:ブエナビスタ
  松山市梅津寺町1329

時間:OPEN 18:00
START 18:30

料金:前売\2800-
当日\3300-
(別途ドリンクオーダー)

予約・問合せ:ブエナビスタ
       090-5916-9101
buenavista2004719@gmail.com

https://www.youtube.com/watch?v=40lRWluzGhc&feature=youtube_gdata_player

モアリズム

東京郊外国立市を拠点とし、全国を放浪しつづける日本語リズム&ブルースの決定版!
2007年、西川美和映画全ての音楽監督を務めるナカムラが結成。
2012年公開、松たか子・阿部サダヲ主演映画「夢売るふたり」のサウンドトラックで
今まさに注目を集めるJ-POP界の異端児、モアリズム。
主に作詞作曲を担当するナカムラは、現在では珍しくなくなった
日本語詞とルーツ系ブラック・ミュージックとの融合における先駆射的存在。
[PR]
by imag0320 | 2013-05-19 12:22
line

代表 坂本 真一

1971年生まれ
2004年7月、梅津寺に「ブエナビスタ」をOPEN
カフェ&レストランとしての営業だけではなく、結婚式やイベント、ライブなども行っております。
目の前の海を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごして下さい。



by imag0320
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30